リフォーム・介護設備

住宅リフォームでいっそう快適な生活を。
介護用住宅設備や介護用品(特定福祉用具)についてのご相談もお気軽に。

住宅リフォーム

「キッチン、トイレ、浴室、洗面所を使いやすくしたい」。今よりも快適に生活するために、リフォームを検討してみませんか。弊社には専属の大工がおりますので、水周り以外の工事でも対応いたします。リフォームに関することなら何でもお気軽にご相談ください。

【写真】 TOTOシステムバスルーム バスピア

介護保険での住宅改修

介護保険には、要支援1〜2および要介護1〜5の方たちを対象とする補助金制度があります。介護保険の適用が認められる住宅改修工事は、「手すりの取り付け」「和式トイレから洋式トイレに変更」「段差を解消」等、いくつかあります。ご相談いただければこちらからお伺いいたします。

【写真】 TOTO洗面化粧台 座ってラクラクシリーズ

福祉用具の販売

介護に必要な福祉用具を取り扱っています。弊社は新潟県指定の介護保険事業所です。

要支援・要介護と認定された方は、日常生活において必要な福祉用具を県の指定する事業所から購入した場合に、介護保険の給付を受けることができます。

県の指定を受けていない事業所から福祉用具を購入すると、介護保険の給付を受けることができません。ご注意ください。

【写真】 TOTO水まわり用車いす(トイレでの使用例)

【写真】 TOTO水まわり用車いす(浴室での使用例)

介護保険の支給対象となる福祉用具(特定福祉用具といいます)は、以下の通りです。

種類 内容
腰掛便座
  • 和式便器の上に置いて腰掛式に変えるもの
  • 洋式便器の上に置いて高さを補うもの
  • 電動式・スプリング式で立ち上がりを補助できるもの
  • 便座・バケツ等からなり、移動可能である便器
    (居室で利用可能なもの)
特殊尿器 尿が自動的に吸引されるもの
入浴補助用具
  • 入浴用いす
  • 浴槽用手すり
  • 浴槽内いす
  • 入浴台
  • 浴室内すのこ
  • 浴槽内すのこ
簡易浴槽 空気式、折りたたみ式等で取水・排水工事をしないもの
移動用リフト 吊り具の部分

1年間(4月1日から翌年3月31日までの間)に支給を受けることのできる限度額は10万円です。このうちの1割は利用者負担となります。破損した場合・介護の必要程度が著しく高くなった場合を除き、同一種類の福祉用具を1年間に二度購入することはできません。

関連ページ

現在位置 :
大新産業トップ > リフォーム・介護設備